結婚内祝いが遅れた場合には|【幸せのお裾分け】結婚を祝ってくれた人に結婚内祝いを送る|結婚内祝いナビ

結婚内祝いを忘れてしまった時にはなるべく早く行動しましょう

結婚内祝いが遅れた場合には

プレゼント

結婚内祝いが遅れた時の対処

まず遅れてしまったことに気づいたら、なるべく早くお詫びの手紙を送るようにしましょう。遅れた事により相手に礼を欠いている状態となりますので、親しき仲でもちゃんとお詫びをする必要があります。

直筆でお詫びをした方がいいか

手紙を書く際は、なるべく直筆の封書の方が好ましいです。ハガキやパソコン作成の文書よりも、より謝罪の気持ちが伝わりやすいです。

品物は何にしたほうがいいか

遅れてしまったからといって、品物の選定を変える必要は特にありません。その分、ちゃんと文面で遅れてしまった事への謝罪の意を伝えるようにしましょう。

品物を豪華にしたほうがいいか

遅れてしまったことによって結婚内祝いの品物のグレードをあげてしまうと、「物でお詫びをしようとしている」と思われてしまいかねません。結婚内祝いはあくまで「祝ってくれたことへの感謝」と「幸せのお裾分け」の意味合いで返礼するものです。

手渡しも印象回復の1つ

お詫びの手紙の後、品物を準備したら無理のない距離であればなるべく早めに手渡しで届けてみるといいでしょう。文面ではうまく伝えることができなかった気持ちをちゃんと口頭で伝えることができるため、誠意をちゃんと相手に伝えることができます。

広告募集中