お礼状の書き方|【幸せのお裾分け】結婚を祝ってくれた人に結婚内祝いを送る|結婚内祝いナビ

結婚内祝いにはお礼状をちゃんと添えるようにしましょう

お礼状の書き方

内祝い

お礼状を書く

内祝いのお礼状の構成は基本的に前文・主文・末文・後付けと分かれています。前文から書いていき、書き順がバラバラになってしまわないように気をつけましょう。

お礼状は縦書き

お礼状は縦書きが基本となります。横書きではカジュアルな印象を与えてしまいがちですので、結婚式などの冠婚葬祭では避けるようにしましょう。

後付けは日付から

お礼状の最後に書く後付けは、日付・差出人・宛名の順となります。差出人は夫婦二人の名前を入れて、相手の名前を書く宛名は敬称を書くようにしましょう。

お礼状についての注意事項

忌み言葉に気をつける

こうした儀礼的な文章では、いつも以上に文章に気をつける必要があります。忌み言葉がその最もたる例で、たとえ送る側であっても、この忌み言葉(「終わる」や「分かれる」など)には気をつけるようにしましょう。

感謝の意が伝わる文面にする

結婚内祝いというのはいわゆる「幸せのおすそわけ」の意で送るものですが、文面はちゃんと相手に感謝の意が伝わるような文面を心がけましょう。

なるべく早めに出す

お礼状は、基本的に挙式後から1ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。遅れて慌てて書くということがないよう、早めに準備をしていきましょう。

広告募集中