結婚式が終わった後にも結婚内祝いを忘れないようにしましょう

結婚内祝いについてのあわせて読みたい記事

プレゼント

結婚内祝いが遅れた場合には

結婚内祝いをうっかり忘れてしまった時の対処法について案内しています。礼節を欠いてしまっている状態となるため、必ず謝罪を入れてからその後に結婚内祝いを返礼するようにしましょう。

READ MORE
内祝い

お礼状の書き方

お礼状の書き方やお礼状を書く際の注意点についてまとめています。儀礼的なものですので、カジュアルによらずにしっかりした文面で感謝の意を伝えましょう。

READ MORE
結婚

結婚内祝いに適したもの

何を送ったらいいか困ってしまうのが結婚内祝い。どういったものを避けたほうがいいか、どういったものが適しているかを紹介しています。参考にして相手が喜ぶお返しの品を決めましょう。

READ MORE

結婚内祝いについて知る

女の人

結婚内祝いとは何か

結婚内祝いというのは、主に結婚式に呼ぶ事ができなかった人からお祝いをいただいた際などに、お返しを送るものです。主に遠方なので配慮してお招きしなかった人からきたお祝いに対して返礼をするというのが一般的になっています。

披露宴を行わない場合はどうするか

披露宴を行わなくても、お祝いいただいだ際には結婚内祝いを返礼として送る方がいいでしょう。結婚内祝いには相手に「ちゃんと届きましたよ。祝ってくれてありがとうございます。」というちゃんと届いたという報告と、返礼をするためのものとなっています。

気になる内祝いの予算

結婚内祝いの費用は、いただいた金額の半額から3分の1が相場となっています。品物でお祝いをいただいた際には、品物の定価を調べてから内祝いの品を決めていきましょう。

親族に内祝いは送るべきか

結婚式や披露宴を行わなかった場合、親族から結婚祝いをもらった際に内祝いを送っていいのか悩んでしまう場合もあります。結婚内祝いは幸せのお裾分けの意味合いが強いため、結婚祝いをもらった場合は返礼をしたほうがいいでしょう。

現金や金券は避けたほうがいいか

直接の金額が分かるものは、目上の人は勿論、親族であっても避けたほうがいいでしょう。感謝の意を伝えるためのものですので、額面がわかるものではそっけなく思われてしまう可能性があります。

広告募集中